この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
 

「笑顔や挨拶があふれありがとうがいっぱいな学校」をめざしています。

深谷市立常盤小学校の学校の様子や子どもたちの活動の様子を公開しています。
 
 〒 366-0034  埼玉県深谷市常盤町58番地2
 TEL 048(571)4923  
   FAX 048(571)4924
   E-mail  tokiwa-e@fukaya-tokiwa-e.ed.jp
 

 
 
 

深谷市 「6つの誓い」運動推進中

 

お知らせ

毎月11日は
             アクセスデー
緊急連絡ページ
                         にアクセス!
詳しいアクセス方法
緊急連絡サイトアクセス方法.pdf

ログインID tok・・・
パスワード ke・・・・
 

歯みがき集会

オンライン状況

オンラインユーザー19人
ログインユーザー0人
登録ユーザー36人

カウンタ

3580536人目の訪問者です

日誌

新規日誌49
2012/12/07

人権教育講演会

| by:admin
「重い」
  
  
  
  
12月7日(金) 第2・3校時   体育館

「わあ!重たい」「すごい!」
子どもたちの声が聞こえてきます。
初めて触れる本物の銅メダル。ずっしりとして両手で支える銅メダル。
これは、2000年のシドニーパラリンピックの銅メダルです
後期人権週間の最終日となった本日、
人権教育講演会が開かれ、講師としてお迎えした、
車椅子バスケットボール元日本代表の
塚本京子先生が子どもたち一人一人に触らせてくれたのです。
体育館の東入口から車椅子に乗った塚本先生が入場してきます
笑をたたえながらゆっくりと進んできます
大きな拍手で迎えられ始まった人権講演会は
2時間目に1年生から3年生、3時間目に4年生から6年生と
寒い中ではありましたが、2回のご講演をいただくことができました。
運動神経抜群の学生時代。小学生から始めたバレーボール
中学校、高校とバレーを続け実業団入りも内定
楽しく充実した学生生活に突然の交通事故
内定を勝ち取った冬。事故で脊髄を損傷。以後自由を奪われ車椅子の生活に
しかし、塚本さんは足の自由を奪われはしたものの
心の自由まで奪われることはありませんでした。
持ち前の明るさと根性で新たな生き方を切り開いていきました
陸上競技のスラロームではイギリスで行われた国際大会で金メダルを獲得
ニューヨーク・アイレスベリーパラリンピックで
日本女子車椅子バスケット初の銅メダルを獲得
その後も日本代表として活躍、輝かしい実績の中で、
それはそれは言葉に言い尽くせないほどのご苦労があったようです。
障害を抱えながらも前向きに生きる姿に
子どもたちは勇気をいただくことができました
最後に、日常の生活の中で困っていること、自分の力では解決できないこと
多くの方の理解と協力がないとできないことについて話がありました
それは、駐車場についてでした。
車椅子の乗り降りのためにはスペースの広い駐車場が必要です。
そのために、今はどこにも身障者用の駐車場が確保されていますが
ここに一般車両が時折停められていることがあるというのです。
体の不自由な方々と、ともに生きるために
日常生活の中で、自分のできることとは・・・
そして、してはいけないこととは・・・
人権週間の掉尾をかざる素晴らしいご講演をいただきました
子どもたちが感じたメダルの重さ
それは、塚本先生が身をもって教えてくれた
人生の重みだと感じました
ありがとうございました。


22:35
2012/12/04

人権朝会

| by:admin
「命の大切さ」について
  
  
12月4日(火) 8時15分~   体育館

「命の大切さや」「思いやり」についてあらためて学ぶ一週間が始まっています
昨日(3日)の月曜日から今週の7日金曜日までを
後期人権週間として、様々な取組を行います
その第一弾として、本日人権朝会が開かれました
人権主任の進行で始まった人権朝会
「人権とは」との問いかけから始まった人権朝会
はじめに「ふかや・ふれあい人権セミナー」で学校の代表として
発表した6年生の根本さんが
「命の大切さ」と題した作文を堂々と披露してくれました。
続いて校長先生から、駅でのできごとを通して、
人を思いやることの清々しさや見えないところでの思いやりについて
お話をいただきました。
人権週間にあたり、ご家庭には「親子人権標語」の作成をお願いしてあります。
標語作りを通し、是非ご家族で「人権」について
あらためて話し合う場になればと思います。


22:32
2012/05/29

前期人権週間

| by:admin
チューリップの花が教えるものは・・・
  
5月29日(火) 8時15分~ 体育館

前期人権週間が開幕しました。
昨日28日(月)から6月1日(金)までの一週間が前期人権週間です。
子どもたち一人一人が「人権」について考える一週間として
講話やアンケート調査、人権作文、ビデオ視聴等、
学年の実態にあった活動が展開されます。
今日はその一環として、「人権朝会」が行われました。
人権主任の進行の下、静寂の中で開会しました。
朝会の中で校長先生は、「チューリップの歌」に触れ、
「人権の花」がチューリップであることをあらためて教えてくださいました。

4月、正門脇で真っ赤な花を咲かせた「人権の花・チューリップ」のことを
子どもたちは思い起こしたことと思います。
色も大きさも、形も違うチューリップ、どの花見てもみんなきれい!と歌われる
歌詞を通し、友達との交流について、
相手を思いやり、優しい心で仲良く生活しようとのお話がありました。

また、「いじめ」は絶対に許さない、見てみぬふりもしてはいけない、
さらに「やめてください」と言い切れる勇気ある行動をとのお話もありました。
さあ!この一週間、自分を見つめ、友達をはじめ周囲の人たちとの
関わりを見直す絶好の機会ととらえ
「人権週間」が実り多きものになるよう取り組んでいきましょう。


17:16

お知らせ

 

  ***
      前へ      一つ前へ     ホームへ